新型コロナウイルス予防のため、当面電話受付を
【平日午前9時15分~午後4時45分】に
させていただきます。

トピックス

「核兵器禁止条約の発効を心から歓迎する。」(弁護士 高崎 暢)

核兵器禁止条約の発効を心から歓迎する。

弁護士 髙 崎  暢

 被ばく者の方が中心に取り組んできた「ヒバクシャ国際署名」の力で、核兵器禁止条約が、来年1月22日、正式に発効することになりました。このことを心から喜びたいと思います。

 ご存知のとおり、核兵器の開発や実験、使用、威嚇を全面的に禁じる核兵器禁止条約は、人類史上初めて、核兵器を法的に違法と認めるものです。

 そして、この条約が発効されれば、条約を拒んでいる国も、核兵器を自国の「安全」のために持ったり、使ったり、他国を脅したりすることができなくなります。政治的・道義的に責任を問われることになるからです。

その様に、この条約は、核兵器のない世界に向けて大きな第一歩となります。核兵器の終わりの始まりです。

ところが、残念なことに、この条約に、日本政府は一貫して反対しきました。唯一の戦争被爆国の政府に、今求められているのは、条約を批准し、核廃絶の

ために、具体的に、全世界に向けリーダーシップを発揮することです。それは、アメリカの核の傘、核抑止力の幻想から抜けだすことです。

私たちは、核保有国や日本をはじめとする核依存国が早期にこの条約に署名・批准することを求めるとともに、少なくとも、日本政府は発効後の締約国会議にオブザーバーとして参加することを強く求めます。

日本政府に核兵器禁止条約の批准を求める新しい署名活動も始まりました。引き続き、「核兵器の非人道性」を広め、「核のない世界」、「再び被爆者をつくらない」という被爆者の願いを一日も早く実現したいと思います。

その実現のためには幾多の困難がありますが、この条約にはそれを乗り越えることができる倫理と正義を備えています。

2020年12月27日

原水爆禁止中央区協議会  理事長 高 崎  暢

関連記事

コメントは利用できません。