新型コロナウイルス予防のため、当面電話受付を
【平日午前9時15分~午後4時45分】に
させていただきます。

トピックス

「フクシマを記憶すること」 (弁護士 髙崎 暢)

「フクシマを記憶すること」 

弁護士 髙 崎  暢

1 はじめに

 福島第一原発の事故から10年が経ったが、事故の収束のめどは立たず、廃炉問題の困難さが増している。多くの人々が、放射性物質による汚染によって住むところを追われ故郷と仕事を失っている。政府や東京電力などは事故や事故の影響を小さくみせかけ、補償を打ち切り、老朽原発さえも稼働させようとしている。

2 被災地フクシマの現状

 「たかさき法律事務所9条の会」は、毎年3月11日に被災地フクシマを訪れている。今年も10日から12日まで、帰還困難地域や初めての中間貯蔵工事情報センターと原子力災害伝承館等を視察した。3月11日午後2時46分、「請戸の軌跡の生還」(注1)の大平山霊園で被災者への黙とうを行った。

 3年前、「被災地は、帰還困難地域の標識も少なくなり、一見復旧が進んでいるかのようであるが、無人の広大な空き地、フレコンバッグの仮置場を覆う巨大な緑のシートは、被災地の再生はまだまだであることを実感させる。原発事故は、故郷と地域に根差した文化や産業を根こそぎ奪った。7年経った今もその爪痕は残されたままである。」と書いた。

 今は、フレコンバッグは中間貯蔵庫に運び込まれ巨大なシートは目立たないが、各種大型公共事業によって真新しい大型施設が目に付くようになった。しかし、最も肝心な地域住民の居住が回復していない(同年2月1日現在、避難指示が解除された区域の居住率31・4%、高齢化率は全国平均の1.5倍)。居住者の数には新規転入者が含まれ、その半分は作業員という町もある。そのため住居地の荒廃は進み、医療施設も少ないし商店街も閉鎖されたままで、地域社会はまともに機能していない。街がゆっくりと崩壊しているように見える。 

 元に戻るには100年単位で考えなければならない帰還困難区域や未除染地域がまだ残こされている。国は帰還困難区域全体の8%を「特定復興拠点区域」に認定し除染などを行っている。認定の基準は「経済活動に適した地形」などで残り92%は白紙である。復興の優先度が集落ごとに線引きされ多くの住民に帰還を諦めさせたという。

 一方で、溶け落ちた核燃料は原子炉圧力容器の底を貫き核の格納容器に噴出した。とてつもない放射性の「核のマグマ」が猛烈な熱を発しながら、10年経った今もなお原子炉施設の底部で不気味な牙を剝いている。「核のマグマ」の取り出しも未解明の課題が山積し、そのマグマを保管する方法も定まらず、今後の廃炉作業への技術的見通しが全く立っていない。深刻な状況である。今後「40年」で廃炉作業を終えるといった「見通し」が語られているが、それは主観的な願望にすぎない。そうした手探り状態の廃炉をめぐる不透明な状況は避難住民の帰還意欲を損なう大きな要因の一つとなっている。

 被災地フクシマの住民の暮らしの復興・人間の回復という復興はこの状況のもとではほど遠いことを痛感した。10年という節目が復興の「区切り」とならないことを願うだけである。

3 Jヴィレッジなど

(1)原発・火力発電増設との取引

 10日午前中、いわき市在住の伊東達也氏(原発問題住民運動全国連絡センター筆頭代表委員)のガイドで廃墟の富岡町と楢葉町を見た。富岡町はスポーツ育成に力を注いでいたとのこと(バトミントンの桃田賢斗選手は富岡高校出身、同校は多くのスポーツ選手を輩出している。)で、Jヴィレッジの存在が無関係ではなかった。Jヴィレッジ構想は、1994年、福島第1原発の7・8号機、広野火力発電5・6号機増設計画と抱き合わせで公表された。Jヴィレッジは、1997年7月、東電が建設し福島県にプレゼントされた。実はその無償譲渡は原発・火力発電増設との取引であった。火力発電は実現したが原発の増設は県民の運動で実現しなかった。伊東氏は、Jヴィレッジはサッカーの普及や観光に一定程度役に立ったが県民の原発の危機に対する不安をまひさせたのではないかと述懐していた。

(2)原子力災害伝承館(双葉町)

 県の施設で、原発事故の被害を伝える資料約170点が展示されている。双葉町にあった「原子力明るい未来のエネルギー」の看板は後日展示された。この標語は原発誘致による地域の発展の願いがにじみ出ているが安全神話を過信する怖さも暗示している。

 ところで,伝承館が後世に何を伝承するのか全く不明で、事故原因を人災の側面から考える材料に乏しく、原発を推進し安全を過信させた反省も不十分である。その為かすこぶる評判が悪い。

(3)民営の中間貯蔵工事情報センター(大熊町)

 ここでは中間貯蔵事業の概要(30年以内に、福島県外で最終処分を完了するための除去土壌の貯蔵、可燃物の焼却施設、焼却灰の貯蔵)を紹介している。最終処理地のめどが立っていないとき、そのまま最終処理地に変わってしまうのではという不安がよぎった。

4 「運動の火絶やさぬ」との新たな取組

 3月11日、楢葉町にある宝鏡寺(室町時代に建立された由緒ある古刹)で、東京・上野にあった「原爆の火」が「非核の火」として引き継ぎ、点火する式典が行われた。残念ながらその式典には参加できなかったが、前日、準備してきた早川篤雄住職と安斎郁郎氏(立命館大学名誉教授)の対談を聞くことができた。

 早川氏は、「事故後10年で収束はできず、汚染問題も序の口。汚染ゴミをどこにどう保管するのか、将来にわたって大きな問題。国民の皆さんに関心を持っていただきたい」と淡々とした口調で語っていた姿が印象的だった。安斎氏は、「科学者と宗教者は、原発問題で共同戦線ができる。福島原発設立反対の時から支援してきた。事故後3年間で福島に74回通って調査と相談を受けてきた。原発事故で専門家への信頼がなくなった。信頼を回復するために死ぬまで頑張ろうと思う」と静かにその決意を語られた。

 伝言舘の1階は福島事故の展示、地階は広島長崎や第五福竜丸の展示で、伝言舘の前に「火」が移設され、その横に「原発悔恨・伝言の碑」が建立されている。

 以下、安斎氏の想いを概略記しておきたい。

(1)「ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマ伝言の灯」

 広島と長崎の原爆の跡から採火した「原爆の火」が30年間燃え続けてきた。その「火」を宝鏡寺で引き取り、単に「広島・長崎の火」としてではなく、1954年3月1日にアメリカが行なったビキニ水爆被災事件の人類史的な意味も伝える灯であってほしい、2011年3月11日に発生した人類史に残る原発事故の意味を将来に伝える灯であってほしいという想いを込めて名づけた。

(2)「ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマ伝言館」

 反核・平和のメッセージを最も自由に発信する場として開設する。双葉町に開設された「東日本震災・原子力災害伝承館」とは趣を異にする。伝承館は、国の「福島復興特措法」に基づいて管理・運営されるが、伝言館は小さいけれど国や自治体のしがらみを一切背負わず、思いのままにメッセージを発信する。

(3)「原発悔恨と伝言の碑」

 早川篤雄・安斎育郎の二人は半世紀近くにわたって原発批判に取り組んできた同志で、原発事故を阻止できなかった痛恨の想いと、未来の人びとに伝えたい熱い想い共有している。碑には私がつくった詩を彫り込んだ。

 これらの3つの事業に取り組む2021年3月11日を、二人の八十翁は半世紀近い共同の行動を通じて培ったすべての想いを込めて、新たな出発の日にしたいと心に決めた。

  原発悔恨・伝言の碑

  電力企業と国家の傲岸に

 立ち向かって40年、力及ばず。

  原発は本性を剥き出し

 故郷の過去・現在・未来を奪った。

  人々に伝えたい。

  感性を研ぎ澄まし、

  知恵をふりしぼり、

  力を結び合わせて、

 不条理に立ち向かう勇気を!

科学と命への限りない愛の力で!

  早川篤雄 安斎育郎

  2021年3月11日

5 危険な動き

  • 核汚染水の処分

 4月13日、政府は海上放出を決めた。核汚染水には高濃度のトリチウムが含まれ、海中の魚類や海藻等による取り込み・食物連鎖・生物濃縮を通して人体の内部被ばくの危険性が指摘されている。薄めても危険なものは危険である。原発事故からようやく立ち直りつつある農魚業に壊滅的な被害を与える。フクシマの復興を根本から否定する最悪の愚行である。

 保管が限界という理由は海上放出のための口実である。トリチウムを除去する方法が開発されつつある。大型タンクの設置などによって陸上で保管すべきである。東電の敷地は広範囲にあり、「核のマグマ」の取り出し方や保管方法が未確定である現在、その保管のための敷地確保は不要不急である。核汚染水は、核のゴミと同様に、人体への影響にとどまらず「地域崩壊」「環境破壊」の危険を抱える原発の落とし子である。

  • 老朽原発再稼働

 4月28日、福井県にある運転開始40年を超えた老朽原発の再稼働に県知事が同意した。老朽原発の安全性に対する疑問は払拭されず、「核のゴミ」問題も先送りした。

 政府が、脱炭素化を隠れ蓑に原発再拡大の道を選ぶのであれば見当違いも甚だ

しい。劣化による危険性が潜んだまま動かすのは安全神話復活に他ならない。

 事故が起これば取り返しのつかない被害をもたらす原発は直ちに廃止することである。これが、「3・11フクシマ」の最大の教訓であったはずである。

5 おわりに

 10年前に始めた「福島の被災者を励ます旅」は私たちが逆に励まされる旅の連続であった。被災地フクシマは、私たちに、ずっと見つめ記憶することの大切さを語りかけてきた。10年経った今も、原子力をコントロールできると考えた人間の愚かさと傲慢さを忘れるなと語りかけている。

(注1)海岸から200mにあり、天井部分まで水没した請戸小学校の6年生の男子児童が、大平山から国道に出られる道を普段から知っていて、その子の指示に従って児童82名と教職員は全員避難できた。私が勝手に命名した。

(2021年5月3日記、反核法律家協会寄稿より)

関連記事

コメントは利用できません。